2015年4月19日日曜日

アーティストの売り出し


こんにちは。経営学系3年のマツウラです。


こんにちは。経営学系3年のマツウラです。 いきなりですが、みなさんは「ランニングマン」という言葉をここ数か月で耳にしたことはないでしょうか? これはEXILEと同系列の三代目J Soul Brothers(以後三代目)の「R.Y.U.S.E.I」という曲中の振付で、昨年の冬に「R.Y.U.S.E.I」がレコード大賞を取ったこともあり、注目をあびた。ランニングマンはちょっと真似したくなったり、友達とカラオケで並んで踊ってみたり、ツイッターなどに動画を載せたりする人がたくさんいた。年末年始といえば歌番組が豊富になる時期なので、より一層浸透したのかなと思う。

そんな年末から約1か月後、「R.Y.U.S.E.I」を収録したアルバム『PLANET SEVEN』が発売された。この作品はオリコンチャートで、初週50.8万枚で初登場1位を獲得した。アルバムが初動50万枚越えの男性アーティストは嵐以来ということで国民的レベルなのかなと考える。この結果はほとんど「R.Y.U.S.E.I」の人気のせいであると思われ、実際3月、4月の音楽番組にもニューリリースの宣伝でもないのに出演している。(テレビ局てきには人気のある三代目を出すことで数字が取れるからもあるとおもわれるが) 今後は、4月22日にニューシングルを発売する予定。 さてここで三代目の売り出しについて僕なりに考えてみたので聞いてください。2014年、彼らは「R.Y.U.S.E.I」以外のシングル曲もリリースしたはずであるのに、「R.Y.U.S.E.I」の一点推しで年末年始の音楽番組に出演していた。この曲に人気がもともとあったのかもしれないが、目を引く「ランニングマン」を使って他の曲と差別化させて注目度をあげた。結果、レコード大賞を受賞し、より「R.Y.U.S.E.I」という曲の注目度をあげ、アルバム『PLANET SEVEN』の売上に繋げようとした。結果、50万枚越えという記録で三代目は並ではない人気を持っていることは明白になっただろう。この偉大な結果の要因に考えられるのは・ランニングマンがSNSなどで動画として人気だったこと・「R.Y.U.S.E.I」を耳にする機会が多かったこと・三代目の存在を知り好きになった など色々あると思われる。ある店員によれば他のアーティストと比べると10代の購入が多かったそうで、若者の流行に対する敏感なところが表れている。いずれにしろメディアを通した「流行り」や「宣伝回数」が売り上げに大きく貢献するのだと実感した。これから大事なのは、次回シングル曲で人気を現状維持以上にすることだ。3、4月の音楽番組に「R.Y.U.S.E.I」で出演した理由も次回シングルのために注目度をキープしておきたかったのかなと考える。三代目というグループを売り出す方法は、EXILEとの相乗効果、俳優としてのドラマ出演、CM出演等たくさんあるが、本業はパフォーマンスを伴う音楽活動であると思われるので次回の曲がどのようなテイストで勝負してくるのか楽しみだ。このように芸能アーティストの売り出しについて考えてみると面白いと思うこともあり、他のマーケティングと類似する部分、異なる部分もあるのかと気になりました。