2016年4月14日木曜日

おいしいアイス

こんばんは、新3年生の三浦光陽です。

そこで最近はまっているアイスについてのお話をしたいと思います。
ふだん、あまり和菓子系のアイスを買わないのですが、なんとなく手を伸ばして買ってみたやわもちのわらびもち味。これが衝撃の美味しさでした。食べてない人は是非たべてみてください〜

そして先日また、やわもちを探しにイトーヨーカドーへ行くと興味深いアイスを発見しました!

それはねるねるねるねアイスです!

みなさんご存知ですよね?ねるねるねるね。
あの小さい頃によく食べていたお菓子がアイスになって登場しました!
最近発売したばかりのようです。
味もぶどう味やメロン味などがあるようで、それはもともと味がそうなのではなく、3つのアイスを練ると、その味になるみたいで、そして、色も変わるというなんとも興味深いアイスです!
混ぜると色が変わるという不思議な体験が楽しくて子供の頃よく買っていた人は多いと思います。

かつて人気のあったものを形を変えて新商品として発売することで、そのちょうどの世代の人々の懐かしさと、新しいものに対する興味を湧きたてて購買意欲を高めるように感じます!

アイスは、消費者のニーズに合わせるため様々な変化を遂げてきています。たとえば、雪見だいふくは冬でも暖かい部屋で食べることができるように開発されたアイスで、飲むアイスとされたクーリッシュも子供の手が汚れず簡単に食べることができるというように、様々な理由があり新商品は開発されてきました。今後またどんな新しいアイスが発売されていくのか気になります!

画像挿入方法がわからず、載せれませんでした、、、

お読みください、この一冊

こんばんは。新三年生のぼんぼんこと中川です。課題をさっさとやってしまえば気が楽になるとわかっているのに提出期限ギリギリまで粘る愚か者ですがどうぞよろしくお願いします。
 さて、今回僕が紹介する本は吉本佳生著 『スタバではグランデを買え!』 です。ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。僕が首都大経営学系に入る前に一度読んだもので、なるほど身近な日常生活にも隠れた経営戦略があるのかと印象深かったのでもう一度引っ張ってきた本です。2007年出版と一昔前ではありますが、現在でも十分活用できることが書かれています。

 本の概要としては、日常の生活用品やサービスなどが、同じモノが違う価格で売られている理由を探るために書かれたもののようです。本のタイトルにもなっているスターバックスの話は5章に載っていて、ここではGrandeを買うのが消費者側も店側も一番得だと述べています。
 それは、サイズによる値段設定にあります。Shortの240 mLに対してGrandeは2倍の480 mL。にもかかわらず、どの種類の飲み物でもShortとGrandeの価格差は基本的に100円です。例としては、2007年当時の価格でコーヒーShortが250円、Grandeが350円。カフェラテShortが300円、Grandeが400円。たった100円追加するだけで2倍の量を飲むことができる、という流れです。
当時はShortからGrandeまでの価格差が100円で現在は価格改定されて80円となっていますが、要は「内容量の差が2倍になるのにどうして価格が少ししか変わらないのか」ということなので基本的な戦略は同じです。
 
 ではどうして店側にも利益が出るのでしょうか。この続きは実際に本を読んでみてください!他にも携帯料金がどうして複雑に設定されているのか、100円ショップの安さの秘密は何か、など興味深い内容になっています。興味を持っていただけた方には、個人的にはつい最近iPhone SEに変えたこともあって第4章の携帯料金の謎をぜひ読んでみてほしいと思います。

 ・・・とまあ偉そうなことをつらつら書き記したのですが、コーヒーが苦手なのもあって生まれてこの方スタバに行ったことがありません!!!それでは!





 

かき氷とSNS


こんにちは!はじめまして新3年の大里です。


桜もほとんど散り、だんだん暖かくなってきましたね。夏があっという間に来そうです。さて、夏といえばかき氷!みなさんはかき氷に対してどのようなイメージを持っていますか?
多くの人にとっては夏に食べるものという認識が強いと思います。

ですが、近年かき氷がブームになっており、冬でも行列ができるほどの店も存在しています。実際に私が昨年の3月に千駄木にある「ひみつ堂」というお店に行ったところ、まだまだ寒かったにもかかわらず1時間以上待ちました。
なぜ、そんなにもかき氷がブームになっているのか考察してみたいと思います。

かき氷の最近のトレンドは巨大、ふわふわ、華やか、斬新だと感じます。有名店の食べログではびっくりするほど高く盛られた氷の写真がたくさん見られます。それに加えて口の中で雪のように溶けるふわふわさやソースの華やかさが見る者食べる者の興奮を高めます。さらに最近ではアボカド味のかき氷やケーキの中に入ったかき氷まで出てきてバリエーションが尽きることがありません。洋風の食材とのコラボもよく見られるようになりました。

そしてこれらはSNSでよく話題になります。「インスタ映え」という言葉、聞いたことがありますか?写真投稿型SNSのInstagramにアップする際、先に挙げたトレンドのかき氷たちは大変見栄えがいいので多くの人がこぞって挙げるのです。話を伺ったことのあるかき氷店の店長さんもInstagramやTwitterを見て来店されるお客様が多いとおっしゃっていました。

現代においてSNSが人々の購買に与える影響は非常に大きいと思われます。インターネットサイトや情報誌等を見ても、「Instagramで人気」「Twitterで話題」といったタイトルがよく見られ、食に関する購買決定に重要な影響を及ぼしていることが分かります。インパクトのあるこれらのかき氷を見て興味を持ち実際に食べる人が多いのも当然のことでしょう。いかに消費者にインパクトを与え店まで足を運ばせるほどのものを作るのかがお店にとって大きなテーマの1つとなっていると思います。アボカド味やケーキの中のかき氷などそれぞれの店が試行錯誤して新たな珍しい商品を生み出し顧客の心を掴もうという戦略をしていることがよく分かります。お店の中にはTwitterやInstagramで新商品情報を積極的に出しているところもあり努力がうかがえます。情報が増え続ける現代、これからますますSNS活用がかき氷店だけでなく飲食店全体にとって大きな意味を持っていくのではないかと思われます。



ちなみに私の最近のおすすめは目白にある「志むら」です。思わず笑みがこぼれる美味しさです。ぜひご賞味あれ。

「チョコだけのこの里」見たことありますか?


どうも!こんにちは!初投稿します!3年の高津戸です!

私が春休みに気になったものについて、今回は書いていきたいと思います。
皆さんは、下の写真にあるような商品を見たことがありますか?おそらく無いだろうと私は思います、、。




この商品を初めて見かけたのは、ネットのニュースでした。「たけのこの里」のチョコとクッキーをばらばらにしまったという、たけのこ派のわたしにはなんとも興味を持たされるものです。すぐに私は、「たけのこの里」の販売元である株式会社明治さんの公式HP(「チョコだけのこの里」「クッキーだけのこの里」 - 株式会社 明治)にて、その詳細を見ました。。

すると、残念な結果が、。どうやら2016年4月1日、すなわちエイプリルフールに向けたネタであったそうです。
詳しく調べると、2015年のエイプリルフールでは、「きのこの山」もチョコとクラッカーを別々にした「きのこの山 セパレーテッド」というものがネタで存在したそうです。

どちらのお菓子も商品として市場に出回ることはなく、プレゼントキャンペーンとして、応募者にプレゼントして出回ったのみだそうです。

ただ明治さんだけが、このようにエイプリルフールに向けて、ネタを考えているのかと思うとそうでは無いようです。テレビのニュースを見ると、さまざまなエイプリルフールに行われたネタを取り上げていました。私は明治さんのネタから調べていきましたが、他の企業のネタなどをインターネットなどで検索すると、よく考えたなぁと思えるようなものがあるので、そこはぜひ興味をもっていただけたら調べてみてください。(関係ないですが、ことしは俳優の城田優さんがTwitterを通して結婚報告をして話題になりましたよね、。)

話は明治さんのネタ商品に戻りますが、なぜSNSなどを通して、話題にもなるのに、実際に商品として売り出さないのか考えてみました。パッケージデザインも通常と違うため、とても費用がかかるし、売り出さないともったいなくないのでしょうか。

しかし多くの企業がネタを仕込んで来るという面から、短期的な利益より、もっと大事なものを得ろうとしているのかなと思い、私は1つの考えに至りました。それはネタをエイプリルフールに便乗して行うことで、

「うちの会社は、こんなに面白いことがかんがえられるんですよ。」

といったような、自社はユーモアがあり、センスがいいんですよというアピールをし、消費者から企業に対して、いい印象をもってもらおうという戦略があるのではないかと思いました。
なので、明治さんはお金をかけてまで、ネタを仕込んだというのが私の考えです。


「きのこの山」はチョコの部分を噛めば、チョコとクラッカーを別々に食べれるのに、「たけのこの里」はなんとも絶妙にチョコを薄くコーティングしているので、別々に食べることが出来ないので、実際に今回のネタ商品は食べてみたかったです。。










おやさいクレヨン


はじめまして!
新3年の領家です。これからよろしくお願いします。

私は春休みに部屋の掃除をしたのですが、その時にとても懐かしいものが出てきました。それは幼稚園の時に使っていたクレヨン。少しばかり思い出に浸ってしまいました。。。


そこで最近はどんなクレヨンがあるのかと考え調べてみたのですが、とても興味を惹かれたクレヨンに出会いました。

その名も「おやさいクレヨン」。




名前もパッケージもかわいいですね!


「おやさいクレヨン」とは国産の「お米」と「野菜」からできたクレヨンです。

本物の野菜粉末が入っており、主成分のワックスは米ぬかを生成する際に排出される「お米の油」を使用しています。そして野菜の色を補うため、顔料は食品の着色に使用されるものと同成分のものを採用し、安全性にも配慮されています。

大切な色の名前ですが、普通に「赤色」「緑色」ではなく、「ピーマン色」「とうもろこし色」のように野菜の名前がつけられています。

使用する野菜はできる限り、「食べられるのに規格外で廃棄されるもの」や「出荷時にカットされる部分」などを使用し、環境にも配慮されています。
もちろん万が一、口に入れても大丈夫な素材になっているので安心です。

このクレヨンは2016年3月にふるさと名品オブ・ザ・イヤーの地方創生賞(コト部門)を受賞しました。


配色の概念を超えた今までにない発想はすごいものですし、地域の農産物が生活雑貨となって地方発展につながるとは素晴らしいです。子供の発想力を育てたり夢を与える文具だと思います。ただ単に描くためだけのクレヨンではない「おやさいクレヨン」は子供だけでなく親にも新たな考えを与え、新たな顧客層を増やしていくかもしれません。

それにクレヨンは普通500円前後で買えてしまい、選ぶのも大体決まった成長しきった市場だと考えます。そこに「おやさいクレヨン」という今までにない商品を売り出すことで市場拡大も見込めるのではないでしょうか。


参考:http://vegetabo.com

初めての服はどこで買うべきか?


初めましてこんにちは!三年の菅谷です。

初投稿となる今回は初めての服をどこで買うべきかについて書こうと思います。

この時期新入生のみなさんは制服から私服へと着るものがかわり「何を着ればいいかわからない」という人も多いでしょう。そこでトレンドモデルからどのような服を着れば大学で浮かないかを考えてみました。
 
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Magdalena_Frackowiak.jpg
従来、トレンド決定のモデルは約2年前から
 

流行色の方向付け
ファッショントレンドの方向付け
素材の方向付け
デザイナーのコレクション発表、アパレル企業の展示会開催

小売店での商品展開
 
という手順で行われています。だからファッション誌などでも『今年のトレンド特集』などができるのです。しかし、このやり方では必ずしも顧客の感性と合致するとは限りません。
最近ではInstagramTwitterなどのSNSや、ファッション専門のアプリなども発達してきており、特に若い世代ではモデルや俳優の投稿を見て服を買う人も増えているようです。
 
そこで新たに取り入れられたのが「SPAモデル」というやり方です。
SPAとは“speciality retailer of private lavel apparel”の略で日本語に訳すと“アパレル製造小売業”となります。
これは、アパレルメーカーが、自社企画ブランドを開発し、出店し、消費者に販売するというモデルで、主にGAP、ユニクロ、H&Mなどのファストファッションブランドに取り入れられています。
SPAモデルの特徴は
                                    POSデータを参考に売れ筋商品を把握
それにあわせて商品を開発、生産
在庫の余りの削減や、自社で価格を決めることによる売上の見通しが可能

となります。

 
このことからSPAモデルを取り入れているファストファッションブランドで取り扱われている商品を購入すれば(生産の速さ重視のためデザインは単調ですが)とりあえず「ハズレ」はないということになります。
しかし同時に多くの人に求められているアイテムということでもあるので「量産型」になってしまうかもしれません。そこで、少し高めのお店で一つお洒落なものを購入してあわせてみるといいかもしれないですね。
 
 
 
 

2016年4月13日水曜日

社長チップス





こんばんは。新3年生の野口です。

 

皆さんは、「社長チップス」という商品を知っていますか。
最近話題になっているようです。


これは、キャラクターのカード付き菓子のように、ポテトチップスに社長の写真カードがおまけになって付いているものです。47都道府県から10人ずつ中小企業の社長が登場し、カードの裏面に会社のプロフィールや、「人望」「忍耐力」など様々な項目を自ら点数化したものなどが記載されています。味は、社長の流す汗と涙をイメージして塩味となっています。また、塩とCEO(最高責任者)を掛けておりユーモアがある商品になっています。ピーク時は1日2000袋の売り上げで順調なようです。

これは、企業をPRする目的です。また、取引先との打ち合わせ、営業の際に相手とのコミュニケーションを円滑に進めるために使われたりしているようです。

 

他にもリカちゃん人形に企業の制服を着せたものも人気があります。実際に、私の母校では、リカちゃん人形に学校の制服を着せたものが売られていました。
このように企業のPRをする方法は沢山あり興味をそそられました。



参考

http://mainichi.jp/articles/20160219/mog/00m/040/012000c

 

 

キンプリはいいぞ

こんにちは!新3年の出本です!たぶん人生で初めてブログ書きます。内容が内容だけに、めちゃくちゃドキドキしてます。こわれそう。
突然ですが、今年の2月頃から『キンプリはいいぞ』という言葉をTwitterなどのSNSやテレビなどで見かけたことはありませんか?

ここでの『キンプリ』とは「KING OF PRISM by PrettyRhythm」の略語で今年の1月初めから全国の映画館で上映されているアニメ映画です。普通に上映する通常上映と来場者がペンライトを振ったり、声を出して応援したりすることができる応援上映の2つの上映形態がなされています。

映画自体は、1月頭の封切り時は全国14ヶ所の映画館でしか上映されていませんでしたが、2ヵ月後の3月の時点で54ヶ所、本日(04/13)の時点で69ヶ所で上映が決定しています。
また3月15日の時点で興行収入は3億円を突破しており、客層は20代から30代の男女が最も多いと思われます。

私自身は2月の末に通常上映に既に何度も通っていたエリートに通常上映に連れて行ってもらい、次の日にまた別のエリートに応援上映に連れて行ってもらい、まだ見てない友達を連れて行きで気づいたらで1ヶ月足らずで5回行っていました。明日また見に行きますが、まだまだひよっこですね。

私では『キンプリ』の面白さや愉快さ、楽しさ、わけのわからなさ、幸福感は伝えきれないので映画の内容をなるべく書かずに、なぜ公開から3ヵ月たった今でもじわじわ上映館数が増えているのか、なぜリピーターを生み出すのかなどなどを自身の経験を絡めて考察してみたいと思います。

キンプリの大ヒットには見た人の口コミが大きく貢献していたことは間違いないでしょう。このブログのタイトルはキンプリのクチコミを象徴する言葉ではないでしょうか。Twitterなどの画像を添付し様々な人が見ることができる媒体で感想を文章やマンガなどで書く事でどんどん広まっていき、それを見た人が興味を持ち見に行く。そして、ハマってまたクチコミを流す。
私自身、見た友達のtweetを見る→行ってみようと思う→連れていってもらう→感想をtweetする→友達が興味を持つ→連れていく→以下略
という現象が起こりました。
自分の人生経験でも1位を争うレベルでクチコミが素敵に素晴らしく作用していると感じました。
また、人気のある声優さんが映画を見に行き感想を残していることも、未体験の人の「気になる!何だろう?」という気持ちを後押ししたのではないかと思います。
こうしてクチコミという売り手側が制御することが難しいが、うまく働くと高い効果の出る方法で知名度をあげ、さらに映画館に足を運ばせることができたことで、来場者が増えていき、上映映画館も増えていったのです。

次に何故リピーター、いわゆる中毒者が出ているかを考えます。
もちろん作品やキャラクター自体に中毒性があるのですが、それによる中毒性をさらに加速させているのが応援上映だと感じています。

左の写真は大学から一番近い上映劇場のイオンシネマ多摩センターさんのTwitterのものです。先ほどもちょろっと触れましたが応援上映ではこのように光る棒を降ったり、キャラクターたちのセリフに返事をしたり、劇中歌で掛け声を入れたりできます。
ある程度は観客がいう言葉も決まってきているのですが、独自の応援もする人が多いのも特徴です。自分が行った回によって周りのお客さんがちがうため次はどんな応援になるのかというワクワク感もリピーターを増やす要因になっているのではないでしょうか。
また、自分とは異なるおもしろい声援を次は自分がおくってみたいという気持ちもあるのかもしれません。
声援だけではなく劇中歌への声援もそうだと考えられます。歌詞などが出てくるわけではないので初めての鑑賞だと予習したとしても出遅れてしまうことも多くなります。「次は完璧に好きなキャラクターを応援するぞ!」という気概も働いているかもしれないですね。

ということで、映画の内容にあまり触れずに書いてみましたが、難しいですね…精進します。

<参考> http://www.animate.tv/news/details.php?id=1457508821


買いたいよりも「行きたい」

こんにちは!3年の坂本です。

新年度になり、久々に大学に行くと新入生がたくさんいて、これからの新しい生活に心躍らせている感じが伝わってきていかにも春らしいなと思いました。

さて、春は引っ越しが多く、家具を買いに行く機会も増えることかと思います。そこでどの家具販売店で家具を選ぼうかと悩む人もいると思います。


私が家具と考えて思い浮かべるのは「IKEA」です。ちょうど2年前の春に立川に新店舗がオープンし、初めてIKEAに行ってからも何回か足を運んでいます。
そこで今日はIKEAへ行くと必ず体験する特徴的な店内レイアウトについて考えていきたいと思います。





IKEAの店内レイアウトの特徴として特に挙げられるのは、上の写真のようにモデルルームエリアを順路通りに進んでいっても通路がジグザグになっていてまるで迷路のようになっていることです。
この迷路のような通路はお客さんになるべく売り場で過ごしてもらう時間を増やすための工夫であるとともに、店内をくまなく歩く構造となっていてお客さんにより多くの商品を見てもらい、購買に繋げようという意図が考えられます。


ですが、そんなに長い距離を売り場で歩かされたら疲れてしまいますよね。


そこでIKEAでは通路の途中にレストランを設置しています。




















このレストランでは、ドリングバー、デザート、カレー食べ放題まであり、まるでファミレスのような場所で買い物途中に一休みするには最適な場所となっています。家族連れなどはもちろん多かったのですが、私がそこで印象に残ったことは友達と話していたり、勉強している高校生が多かったことです。この高校生たちは「家具を買う」ということよりも「IKEAに来る」ということを目的として楽しんでいました。


このレストランこそ、IKEAを単なる家具販売店にしていない理由の1つだと思います。

このレストランは家具購入のためにIKEAに来るお客さんの一休みの空間となるだけではなく、家具購入を目的としていないお客さんの来店を促す空間にもなっているのです。
IKEAはお客さんに家具という「物」を売っていると同時に、「空間」も提供しているといえます。
かつてのIKEAの経営者は「IKEAをディズニーランドにしたい」と語ったそうで、このような空間が作り出されるのにも納得がいきます。



まるでモデルルームがアトラクションであり、歩き疲れてお腹が空いたらレストランで食事、休憩をする。
そんな遊園地のような魅力的な空間がIKEAでは作られていることがわかりました。

<参考資料>
http://rocketnews24.com/2011/01/26/ikea
http://toyokeizai.net/articles/-/62577

ハンドメイド通販サイト

こんにちは!はじめまして新3年の坂本七海です。











皆さんは「minne(ミンネ)」というサイトをご存知でしょうか?
GMOぺパボが運営しているハンドメイド作品の販売できるサービスです。誰でも利用登録をするだけで、簡単にハンドメイド作品を販売したり購入したりすることができます。取引をする際に必要な手続きや代金のやり取りはminneが仲介・代行してくれるので安心して利用することができ、昨年末の時点では17万人の作家が登録、201万点の作品が出展されています。また、利用登録料は無料で、作品が売れたときにのみ販売手数料10%(税抜)がかかります。


自分の趣味でちょっとしたお小遣いを稼ぎたい、自分の作品を多くの人に知ってもらいたい、など出展者の方々の目的は様々です。プロの作家ではなかったにもかかわらずminneを通して人気作家になった方もいるそうです。面倒な手続きや代金のやり取りを自分でする必要がないのでネット通販が初めての人でも気軽にはじめることができるのも魅力的な点です。


さらに出展者向けの勉強会を無料でほぼ毎月行っていて、価格背っていや写真の撮り方、商品説明の書き方などを学ぶことができます。このような企画は出展者の方にとってはもちろん運営側の利益にもつながるのでとてもよい企画だと思います。


私もminneの利用登録をしているのですが、たくさんの作品を見るだけでも楽しいですし、ハンドメイドで1点ものということでついつい購入してしまいます。また購入した作品は作家さんがそれぞれラッピングして送ってくださるので、家に届くとまるでプレゼントをもらったような気分にもなります!

最近ではハンドメイド通販サイトだけでなくメルカリなどのフリマサイトも増えていて、自分の作品や不要になったものを売りたい、自分の好みのものを安く買いたい、という2つのニーズに応えるサービスが増えてきています。利用者のニーズをしっかりと見極めることで、こういった現代に合わせた多様なサービスがどんどん増えていくのではないかなと思います。


参考:http://appmarketinglabo.net/minne/

新発売 チューハイ アサヒ もぎたてについての考察

こんにちは!新三年の橋目です。

MIZEMIへの初投稿は大学生お馴染みのチューハイについてです。

  
 
 味はレモン、グレープフルーツ、ブドウの三種類。値段は350mlが150円程度。

チューハイといえばもはやお酒の定番商品で各社数々の商品を売り出しているが、なぜアサヒビールは今回、『もぎたて』というあたらしい商品を開発したのかについて考える。

チューハイという商品はもともとアルコール度数が弱く、お酒があまり飲めない人向けに開発されたものである。そこからだんだんチューハイを飲んでがっつり酔いたい、ビールは苦手だけどチューハイは好きというニーズに向けて、アルコール度数が高いストロングタイプのチューハイが発売されヒットしている。そこで今回の商品の発売は消費者のニーズがもう一歩進んだことを表していると私は考える。これまで安くチューハイで酔えればよかった消費者のニーズがもうストロングチューハイ系の商品である程度満たされたため、それに加えておいしさを求めるように消費者のニーズが変わってきているのではないか。

去年キリンからも氷結プレミアムという商品が発売されたが、この商品は高価格帯商品でチューハイの価格帯から大きく外れているのでもぎたてとは異質な商品である。今回アサヒは既存のチューハイを買ってくれる消費者層をターゲットにしてもぎたてを販売している。

  個人的に缶のチューハイをあまりおいしいとは思わないが居酒屋で飲む生グレープフルーツサワーなどの商品はとてもおいしく感じる。アサヒの開発担当者も同じことを考えこの商品を開発したことをインタビューで述べている。

  とれた果物を24時間以内に製品にしているということがウリのもぎたてが現状のチューハイ市場を大きく動かすかもしれない。

  皆さんもぜひ一度従来のチューハイと飲み比べてはいかがでしょうか?
 

読みやすいのにためになるこの一冊!













こんにちは。ゼミ3年の延対寺です。春休みが終わり、早くも夏休みが待ち遠しいです。初めての投稿なので緊張しています。


今回は、このあいだセブン&アイの会長を引退表明したことが報道された、鈴木敏文さんの「売る力」という本について書いてみたいと思います。

この本はゼミを決める面接のための準備をするため、親にマーケティングの良い本がないか聞いたところ、この本を勧められたため読み始めました。最初はそんな感じで読み始めた本でしたが、読んでいくと役に立つためでなく、具体的な説明があるため説得力があると同時に読みやすくなっていて夢中で読んでしまいました。

 私がこの本の中で印象に残った点を2つ挙げたいと思います。

1つ目は、新しい商品を開発するときは、現在あるAという商品をA’ にする程度ではなく、BCにするといった革新的な改良が必要になるということです。売り手からすると、すでにある商品のいいところを取り入れ新しいものを作ったつもりでも、買い手から見るとあまり変わっておらず、飽きられてしまうことが多いからだそうです。

 2つ目は、価格が安いAと高いBという2つの商品を用意すると高い商品の価値を感じられず、安いほうでも良さそうだという心理が働き安いほうが売れるそうです。しかしここに、さらに価格が高いCという商品を加えると買い手は、BAよりかは上質そうだけどCよりかは手軽だ、と考えBが売れるようになるそうです。これは買い手がその商品を「上品さ」「手軽さ」の2つの視点から考えた結果だと述べています。


このようにこの本には、長年経営者を経験したからこそ分かるようなものが多く書かれています。ここに紹介したのはほんの一部に過ぎないので、気になる方はぜひ読んでみてください。

2016年4月4日月曜日

2016年度の予定

4月となり、新年度となりました。
本年度も、昨年度に引き続き、更新をしていきたいと思っております。