2016年4月14日木曜日

おやさいクレヨン


はじめまして!
新3年の領家です。これからよろしくお願いします。

私は春休みに部屋の掃除をしたのですが、その時にとても懐かしいものが出てきました。それは幼稚園の時に使っていたクレヨン。少しばかり思い出に浸ってしまいました。。。


そこで最近はどんなクレヨンがあるのかと考え調べてみたのですが、とても興味を惹かれたクレヨンに出会いました。

その名も「おやさいクレヨン」。




名前もパッケージもかわいいですね!


「おやさいクレヨン」とは国産の「お米」と「野菜」からできたクレヨンです。

本物の野菜粉末が入っており、主成分のワックスは米ぬかを生成する際に排出される「お米の油」を使用しています。そして野菜の色を補うため、顔料は食品の着色に使用されるものと同成分のものを採用し、安全性にも配慮されています。

大切な色の名前ですが、普通に「赤色」「緑色」ではなく、「ピーマン色」「とうもろこし色」のように野菜の名前がつけられています。

使用する野菜はできる限り、「食べられるのに規格外で廃棄されるもの」や「出荷時にカットされる部分」などを使用し、環境にも配慮されています。
もちろん万が一、口に入れても大丈夫な素材になっているので安心です。

このクレヨンは2016年3月にふるさと名品オブ・ザ・イヤーの地方創生賞(コト部門)を受賞しました。


配色の概念を超えた今までにない発想はすごいものですし、地域の農産物が生活雑貨となって地方発展につながるとは素晴らしいです。子供の発想力を育てたり夢を与える文具だと思います。ただ単に描くためだけのクレヨンではない「おやさいクレヨン」は子供だけでなく親にも新たな考えを与え、新たな顧客層を増やしていくかもしれません。

それにクレヨンは普通500円前後で買えてしまい、選ぶのも大体決まった成長しきった市場だと考えます。そこに「おやさいクレヨン」という今までにない商品を売り出すことで市場拡大も見込めるのではないでしょうか。


参考:http://vegetabo.com