2017年4月17日月曜日

鼻セレブのパッケージ

初めまして、三年の瓦井です。最近暖かくなってきて花粉が沢山飛んでいますね。私も花粉のせいでティッシュが欠かせません。そんなとき、かみすぎで鼻が痛くなってきて、普通のティッシュより質のよいティッシュの鼻セレブがほしいなと思う時ありますよね。今回はその鼻セレブについて紹介したいと思います。

鼻セレブと聞くと、アザラシやシロクマなどの白い動物の顔のパッケージが思い浮かびますよね。
ティッシュのパッケージだと花柄などはよく目にしますが、このようなパッケージは珍しく、消費者の目に留まります。また、ティッシュを使う時は鼻をかむときが多い、ということから鼻を中心にしたデザインを考案したそうですが、人間より動物の方がかわいさがあることからこちらが採用されたようです。鼻セレブ に対する画像結果
初めは「モイスチャーティッシュ」と名付け、上品な印象のパッケージでした。しかしあまり売り上げが伸びず、今のパッケージに変えたところ爆発的に売れるようになったそうです。

確かに、こんなにかわいいティッシュなら友達に買って自慢したりしたくなりますよね!このように、私たちはティッシュ自体の価値より、柄がかわいいから、鼻セレブって何となく質がよさそうだからといったイメージの価値の方を大切にしがちです。これを情緒的価値というそうです。

日ごろはそこまで意識していなかったですが、機能性より見た目を重視してものを購入することは多いですよね。しかし、例えばものをこぼした時や汚れを少し拭きたいだけ、という時に少し高めのティッシュを使うのはもったいないから安いものでいいやと思う人もいるかもしれません。ですが、そんな人でも、ティッシュコーナーにこんなかわいいパッケージのものを見つけたらきっと目には留まるはずです。一回買ってみようという意識が働いてきますよね。

また、パッケージをデザインするにあたり、商品の内容に沿って象徴化されなければなりません。鼻セレブでは、ティッシュの清潔感や柔らかさが伝わってくるような全体的に白のデザインです。どんなにかわいくても派手な色味のものだとあまり柔らかさは伝わってこないですよね。

このように、消費行動において、パッケージがいかに重要か理解することが出来ました。これからも機能性より見た目重視で買わなくていいものもついつい買ってしまいそうです。