2017年5月24日水曜日

LCCのマーケティング戦略

どうも3年の大坪です。
自分は旅行に行くのが好きなのと、この前の授業で学習したサービスマーケティングの知識を深めるためにLCCのマーケティングについて分析してみることにしました。Processに関してはここでは取り上げておりませんが予めご了承ください。

Place,Personnel
まずLCCのチケット予約についてです。LCCは基本的に営業窓口を持っておらず、基本的にはウェブを使ってチケット予約します。したがって営業窓口を持つのに必要な人件費、光熱費、テナント料といった経費を削減することができます。したがって、安くチケットを提供することに繋がるのです。


Price
アジア路線に関しては、大手航空会社の正規運賃と比較して驚くほど安く購入することができます。これは運賃に手荷物受託料、機内食といったサービスが含まれていないためです。

Promotion
主にウェブサイトを使った宣伝を行なっているため、広告料を抑えることができております。スカイスキャナーといった大手航空券サイト、ヤフーやグーグルといった検索エンジンに広告を出すことによって人の目に留まりやすくなっております。

Production
まずは機材です。LCCなので古い機体を中古で安く買い取るイメージがあるのかもしれませんが、割と新しい機材を導入しております。その代わりに機材を統一することによって整備コストの削減につなげております。他には座席数を大手と比べて増やすことによって収益率をあげたり、駐機時間を短くすることで航空会社の負担を減らすことで経費を削減しております。

Physical evidence
LCCは安いので危険ではないか?と考える方も多いのではないかと思いますが、このようなマーケティング戦略を取っているからこそ安く提供できているのです。近年のLCCは安全性も徹底して追求しているため、事故率は大手航空会社と同じなのです。

まとめ
フライト時間が比較的短い国内線や韓国、北京、上海、台湾路線でしたらLCCを利用するのもいい手段であると考えました。航空券代を抑え、現地での観光費を増やすにはLCCはもってこいであると思います。




LCCキャリアのvanilla Air(https://img.guide.travel.co.jp/article/65/20140218183606/67C48637A1224DCCB426491899DFE9ED_L.jpg)

参考:http://travel-west.net/travelinfo/all-about-lowcost-carrier-2/