2017年11月7日火曜日

静岡といえばさわやか



こんにちは!3年の松島です。
校内の木々が赤や黄色に色づき、すっかり秋めいてきましたね!
大学祭も終わり、平和な日常に戻りつつあります。




ところで、みなさんは静岡と聞いて何を思い浮かべますか?
お茶や温泉と答える人が多いと思いますが、私は静岡県民として、「炭焼きレストランさわやか」
というファミリーレストランをおすすめします!
私は県外に出てから、こんなにさわやかが人気なことに驚きました。
そこでなぜさわやかがこれだけ人気なのか分析していこうと思います!









さわやかを分析するにおいて重要になってくるのが『集中戦略』です。
集中戦略は、「地元でしか商売しない。他の地域には進出しない」とか
「富裕層しかターゲットにしない」「若年層しか狙わない」といったように
特定のセグメントを狙い撃ちにした戦略です。




集中戦略の効果の一つ目は、お客さんの情報が密に集められることです。
特定の市場に集中すると相手にするお客さんが絞られるので、その分情報が密に取れます。
特定の人の情報”だけ”集めればいいので、その分情報の質が濃くなります。




二つ目は、「コアなファン」が現れることです。
そしてこのコアなファンが絶大な力を発揮します。とにかくこの人たちは
リピートでどんどん利用してくれるので、この人たちがお金を落としてくれます。
そして、この人たちは信仰に近い想いを持っていることが多いので、どんどん宣伝してくれます。




そして三つ目は、独自のブランドが形成されることです。
静岡でさわやかを知らない人はいないぐらいの勢いです。
そうするとどうなるかというと、さわやかが無い地域の人たちがどこからかその情報を
仕入れて興味を持ち始めます。
「おい!静岡には静岡にしかない超人気のハンバーグ屋があるらしいぞ!」
という具合になります。場合によっては話に尾ひれがつくかもしれません。
結果として、「静岡といえばさわやか」というようにブランド化し、
県外からの客も獲得できるようになります。




このように、さわやかは集中戦略を採ることで、プレミア感を出すことができているのだと
思います。皆さんも是非静岡に行った際は食べてみてくださいね!