2017年12月5日火曜日

ダイソン


クーリスマスが今年もやってくるー
こんにちは、三年の小野です。


ドライヤー、扇風機、掃除機。これらは何だと思いますか?
きっと生活家電という答えになると思います。
どの家庭にも一つずつ、少なくともどれか一つはおいてあると思いますが、あまり積極的に人に見せたいものではないと思います。
しかしダイソンが目指すものは違うようです、ということで今回はダイソンの製品、ドライヤーにしぼって考えていきます。

「ダイソン ドライヤー」の画像検索結果「ダイソン ドライヤー」の画像検索結果

紹介するのはDyson supersonicです。

Product

見てわかるように大変コンパクトかつ、ぱっと見ではドライヤーと思えないデザインです。
三段階の風速、四段階の風温調節機能、三種のマグネット式アタッチメントの付け替えで希望の乾かし方に対応できます。
また専用のケースもあります。

Price

かなり安いもので数千円、そこそこいいもので二万円弱という価格帯の中、五万円前後という兆候価格で販売されています。

Place

ヤマダ電機などの家電量販店やダイソンのホームページで購入することもできます。

Promotion

インスタグラム上で#DysonHairをつけての投稿による口コミ、YouTubeでの動画投稿などを行っています。
ここで注目なのが実際に使った写真だけでなく、あたかもインテリアの一つであるかのような写真もいくつかあることです。そのコメントを見ると「The hair dryer that's always in style.(そのヘアドライヤーは常にスタイリッシュである)」とつけられています。



今回取り上げたドライヤーのほかにも専用の保管具がある掃除機、扇風機などインテリアの一部となる家電としてほかと差別化をはかっているのだと考えました。

「ダイソン インテリア 掃除機」の画像検索結果

Dyson公式サイトhttps://www.dyson.co.jp/