2018年4月17日火曜日

ドミノピザの「20分配達」

こんにちは!新3年の大賀です。
先日の平昌オリンピックで、女子カーリングの選手たちがハーフタイムを利用した「もぐもぐタイム」で世間を賑わせましたが、実は過去にアメリカの選手が宅配ピザを注文して食べた逸話があるそうです。




そんな宅配ピザですが、最近ドミノピザが始めた興味深い新サービスを紹介したいと思います。それが、注文を受けてから20分でピザを配達する「ミッション20ミニッツ」です。


配達場所によって多少差はあると思いますが、今までドミノピザは、注文から配達までの時間を30分としていました。これでも十分早いのではないかと感じますが、ドミノピザは「ピザはオーブンから出たあとにどんどんおいしさが失われる商品」と説明しています。そこで、ドミノピザは配達までの時間を20分と約束した新サービスを始めました。なぜ、こんなに早く宅配できるのか、その戦略を詳しく見ていきたいと思います。




1つ目は、技術の向上です。加熱力を上げた新しいオーブンを開発し、焼き時間を5分から3分に短縮しました。
2つ目は、人材育成による業務効率の向上です。同社の様々なテストをクリアした「ピザマイスター」を各店舗に配置し、ピザを作る時間を短縮しました。
3つ目は、独自のGPSを導入した点です。このGPSを利用し、店舗でドライバーの管理を可能にしたほか、配達スケジュールやデリバリー経路も管理することで配達時間を短縮したのです。さらに、電動自転車を導入し、近距離への配達を容易にしました。


このサービスの一番の強みは20分で食事ができるということで、ターゲットは自宅でお腹を空かせている人です。対抗したいのは「コンビニ」とも説明していました。コンビニと比較すると、宅配ピザは、買いに行ったりする手間を省くことができるので非常に便利です。


しかし、このサービスを利用するには200円の追加料金がかかるところが短所だと思います。ピザは価格がMサイズが2000円前後と高いため、速さを優先するかどうかは自身に委ねられますが、迷うところでもあると思います。


時間内の配達に失敗すると、Mサイズのピザ1枚無料券を貰えるそうですが、時間を優先してドライバーさんの交通事故やスピード違反など、様々な事故も引き起こしかねないと思いました。従業員の安全性を確保して、消費者が安心して配達を待つことができるように改善していくことが必要だと思いました。





〈参考〉ドミノピザ公式サイト https://pizza.dominos.jp/ja/topics/180118_a
日経ビジネスONLINE     http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/030800018/021400466/?  P=1